筋トレ・ダイエット

腹筋は毎日したり筋肉痛の時にしても大丈夫?効果的な方法を解説

投稿日:

今腹筋に励んでいる人や、これから取り組もうとしている人の中には

・やる気バリバリだから毎日やりたい!でも毎日やっていいのかな。

・筋肉痛だけど今めっちゃやる気だから腹筋やりたい!

と疑問思っている人も多いでしょう。

今回は腹筋は毎日してもいいのか、また筋肉痛の時はどうするのが一番良いのかについて説明していきます。しっかり理解して理想の腹筋を手に入れましょう!

腹筋は毎日してもいい?

いきなり結論から言うと腹筋は毎日行っても問題はないです。

 

「え、いいの?筋トレって超回復がなんちゃらこうちゃらで、毎日したらダメって聞いたけど…」

 

確かに筋トレをする上で”超回復”というものは非常に重要で理解しておく必要があります。

超回復というのは筋トレによって傷ついた筋肉が、今度同じ負荷を与えられても耐えらるように!と以前より大きくなることです。つまり超回復によって筋肉はどんどん大きくなっていきます。

 

なので超回復している時に無理に筋トレをしてしまうと、逆に筋肉がつかなくなってしまいます。

ただし超回復というのは部位によって必要な時間が変わります。

 

例えば大胸筋や広背筋などの大きな筋肉は超回復に72時間(3日間)かかると言われています。つまり一度筋トレでこの部位を追い込んだら3日はその部位は鍛えないほうが良いということです。

三角筋や上腕二頭筋は48時間(2日間)。

そして腹筋はさらに小さい部位になるので超回復の時間は24時間で完了します

 

なので毎日腹筋しても問題ない、というわけです!

ただし筋肉痛の時は無理にやらないほうがいいです。フォームがおかしくなったり、別の部位に負荷がかかって怪我をしてしまう危険性もあるので。

筋肉痛の時に腹筋しても大丈夫?

超回復と腹筋の関係性については理解してもらえたと思います。

それではもし筋肉痛の時はどうしたらいいのか、超回復は終わってるからという理由で筋肉痛の時でも腹筋を毎日行っても大丈夫なのか?

について説明していきます。

 

結論から言うと腹筋が筋肉痛の時に腹筋を筋トレをするのはNG

 

これは腹筋だけでなくどの部位においても言えることです。

そもそも筋肉痛とはどういう状態なのか。

 

筋肉痛が起きている時というのは破壊された筋肉繊維がまだ回復している途中の状態ということ。

なので回復している時にまた筋トレをして筋肉繊維を破壊してしまうと筋肉が効果的につかないことはイメージできると思います。

 

なかには筋肉痛なんて関係ねぇということでバリバリに鍛えている人もいますが、そういう人たちはプロや、素人レベルを遥かに超えた人たちの方法なのであまりオススメできません!

あなたがドMで筋肉痛の時にあえて筋トレをするのが好き!たまらない!というなら話は別ですが!笑

おすすめの腹筋サイクル

もし毎日腹筋したい!という人がいるなら部位によって分けてトレーニングすることをオススメします。

一言で腹筋と言ってもいわゆる腹直筋は「腹筋上部」「腹筋上部」「腹筋下部」という具合に分けられています。

 

例えば腹筋下部ばかり鍛えていてもバランスが悪く、割れていたとしても見た目はイマイチ。

 

また「腹斜筋」と呼ばれる脇腹の部分もあります。

ここを鍛えてあげることでくびれができ、ウエスト全体がキュッと引き締まります。

女性にオススメの部位です。

また、男性の腹斜筋が好き、という女性も結構います。

 

これら全てまんべんなく鍛えてあげるとどの角度から見てもかっこいい完璧な腹筋を手に入れることができます。

まとめ

それでは重要なことをもう一度まとめておきます!

・超回復にかかる時間は筋肉の部位によって異なる。

・大きな筋肉ほど時間がかかる。

・超回復の観点から見ると腹筋は毎日行っても問題ない。

・ただし筋肉痛の時は控えた方がいい。

・腹筋と一言で言っても細かい部位に分けることができ、それらをまんべん鍛えることでよりかっこいい腹筋を手に入れることができる。

これを理解して自分の理想とする腹筋を手に入れましょう!

-筋トレ・ダイエット
-,

Copyright© モテ男LIFE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.